乾物女の日々淡々

結婚しても、毎日を楽しみたい乾物女の日々精進日記

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

1000の記事を書く


1000の記事を書く!

2015年4月にたてた目標です。

1000という数字は、限りなく遠いわけでも近いわけでもないと感じます。
だから、一つのことに1000という数字を当てはめて達成すると
人間は何かを得ることでしょう。
私は、2人の子供を家で見ています。
2歳の娘と、1歳の息子です。
やんちゃ盛りで、目が離せません。

今までは、スマホのゲームで家事以外の時間を使っていたのです。

でも、何か足りない
乾物女は、仕事していたときは手帳がビッシリだったのに
専業主婦&育児している今は、手帳には空白ばかり。

今まで時間を無駄に使っていたのではないか?
そう思うようになりました。

ただ、子供たちと遊ぶ時間は無駄とは考えていません。
むしろ、必要な時間と思っています。

だから、その時間以外は何かをしたい。
でも、家でできる何かはあるのか?

ふと、考えたときに
当ブログが頭の中に浮かんできました。

文章を書くことが好き
パソコンに向かうことが苦ではない

だから、ブログに記事を書こう!
そう思って子供が寝たあとに、ブログを立ち上げて書こうとしました。

でも・・・
子供が起きてきて、中断。

そんな日々が一週間ぐらい続きました。
また、挫折して無駄な時間を過ごしてしまうのか?

そう考えてきたときに、一通のメールが届きます。

メールには、「1000の基準」が書いてありました。

人間には1000の基準があって、それを超えられれば
何か一つでも得るものがある


あっ、これだ!と思いました。
時間がなくたって、1000を超えるまでやり続ける。

挫折なんて関係なくって、ある一つのことを1000個やり遂げる

育児、家事とやることいっぱいです。
それでも自分の時間を確保している主婦だっています。

だからこそ、1000の基準で自分を変えたい
今の私を脱却したいという思いから

1000の記事を書く

という目標をたてました。

どうぞ、気長に見守っててくださいね。

スポンサーサイト

コメント

コメントを投稿する

お名前
email
URL
コメント

スポンサードリンク

プロフィール

ブログ内検索

最近の投稿

最近のコメント

  • 時間に操られることでなく、時間を操る方法
    野崎美夫 (06/30)
  • やっぱり「仕組み」を作った人が勝っている (Kobunsha Paperbacks Business (019))
    荒濱一 (09/26)

アーカイブ

カテゴリ一覧

無料ブログ作成サービス JUGEM